木枯らしや思えば木の葉我が姿

木枯らしや思えば木の葉我が姿(こがらしやおもえばこのはわがすがた 忠男) 〔季語:木枯らし(冬)〕

 

11月22日、JR国立駅を降りて、にっけんに向かう道、かなり風が強い、テレビで、「木枯らし1号」が吹くかも?とのことだったが・・・風に吹かれている木の葉を見ていると、我が姿かと・・・

 

落葉踏む満員電車のような橋

落葉踏む満員電車のような橋 (おちばふむまんいんでんしゃのようなはし 忠男) 〔季語:落葉(冬)〕

 

11月17日、片倉城跡公園を散歩。水車小屋の近くの橋の上、以前は、とんぼが一匹とまっていたが、今日は、にぎやかな落葉たち、満員電車のよう・・・ 水車のまわる音を、聞きながら・・・







赤く燃え色鮮やかな紅葉狩

赤く燃え色鮮やかな紅葉狩 (あかくもえいろあざやかなもみじがり 忠男) 〔季語:紅葉狩(秋)〕

 

11月初め、高尾山へ紅葉狩に! 高尾山駅を降りてすぐに、人の行列、リフトに乗ろうとしても、長い列。 乗るのを諦めて、山道を歩いた。高尾山もみじまつり、紅葉が赤く燃えて、美しい!










箱根山おんせん黙浴冬日和

箱根山おんせん黙浴冬日和 (はこねやまおんせんもくよくふゆびより 忠男) 〔季語:冬日和(冬)〕

 

11月24日、妻と二人で、箱根の温泉に、コロナ禍で、3年ぶりだろうか? 箱根の山も紅葉が美しい、もみじ落葉の道を歩いて、ホテルに。 温泉は、黙浴、 夕食のお酒は、〝箱根山

 

冬晴れや港の見える思い出の

冬晴れや港の見える思い出の (ふゆばれやみなとのみえるおもいでの 忠男) 〔季語:冬晴れ(冬)〕

11月11日、高橋一枝さんのコンサートに行く前に、港の見える丘公園で、草花や噴水を見たりした。 その後、横浜の港を見て・・・ああ、確かここは、児童文学作家の松谷みよ子さんと来た思い出の・・・

 

選ぶなら大根かたちのあれやこれ

選ぶなら大根かたちのあれやこれ (えらぶならだいこんかたちのあれやこれ 忠男) 〔季語:大根(冬)〕

22日、近くの農家の人が、畑で取れた野菜を売っている。 大根2本が、籠の中、私は、今日は、形の面白さで、大根を選んだ。 何か、芸術作品のよう・・・進化、発展は、こうして始まる気がする!

 

赤の濃さひときわめだつ冬の薔薇

赤の濃さひときわめだつ冬の薔薇 (あかのこさひときわめだつふゆのばら 忠男) 〔季語:冬の薔薇(冬)〕

 

6月に、八王子みなみ野の花屋で買った薔薇の花、8月に続き11月も咲いていて、今回で3回目だ。 周りの柏の木やブルーベリーの木も、紅葉はしているが、薔薇の赤さは、ひときわ目立って美しい!